絶対失敗しない!良い矯正歯科の見分け方を紹介

歯医者選びが肝心!

矯正歯科は、当たりハズレが大きいため、歯医者選びが肝心です。そのためアクセスの良さだけではなく、治療内容や医師の情報の確認が大切です。また、矯正中にも注意すべき点があるので、チェックしておきましょう。

矯正中に気を付けることランキング!

診察カード
no.1

固い食べ物は避ける

矯正中、固い食べ物は厳禁です。矯正装置は、治療後取り外すために、取り外し可能なセメントで装着しています。そのため固いものを食べてしまうと、装置が壊れる恐れがあるので最も注意が必要です。

no.2

ガムやキャラメルを控える

矯正にくっつきやすい、ガムやキャラメルも固いものに続いて注意が必要です。装置にこびりつき、取れなくなると、虫歯の原因にもなってしまうので気を付けましょう。

no.3

睡眠をしっかり取る

矯正は、骨代謝を利用して歯を動かしているため、睡眠もとても大切です。人は新陳代謝をして体を支えています。歯の動くスピードを早くするためにも、睡眠をしっかり取りましょう。

no.4

ケアをしっかり行う

矯正中は、ブラッシングがやりづらいため、ケアを怠ってしまう人が多くいます。しかし、虫歯になってしまうと、矯正に悪影響なので、睡眠に続いて注意が必要です。食後には、しっかりブラッシングを行いましょう。

no.5

色の濃い食べ物・飲み物は避ける

色の濃い食べ物は、歯や矯正装置を染めてしまう恐れがあります。ブラッシングでもこびりつくとなかなか落とすことができないので、矯正中は色の濃い食べ物や飲み物は控えましょう。

絶対失敗しない!良い矯正歯科の見分け方を紹介

歯型

丁寧な説明

矯正歯科では、大掛かりな治療が多いため費用が高額になってしまいます。そのため、診察の前には、しっかり治療の説明を受ける必要があります。治療の方法だけではなく、術後のことも丁寧に説明をしてくれる名古屋の矯正歯科を選びましょう。

歯型

提案力がある

多くの人は、症状がある部分だけの治療を受けに行きます。しかし、症状が出ていなくても、病気になっている場合があります。すると、他の治療に支障がでるので、初診の際には口の中全体のチェックをする必要があるでしょう。患者の状態を把握してから、治療を提案するのが一般的なのです。また、歯医者の治療は様々あるので、患者に合った複数の治療を提案するところを選びましょう。

医療器具

治療時間をしっかり設ける

保険診療の場合、治療に時間を掛けない医師が多くいます。治療に時間を長く掛けることも良くないのですが、治療時間が短いことも良くありません。一般的な治療でも、20分以上治療時間を設ける歯医者を選ぶようにしましょう。

大学病院と町の歯医者どちらがいいの?

大学病院での治療

大学病院には診療設備がが整っているので、高度な治療を受けることができます。しかし、研修医の実習に使われる場合があります。

町の歯医者での治療

町の歯医者なら、アクセスが良く気軽に通うことができます。良い歯医者を見るけることができれば、治療もスムーズに行うことができます。